2015/07/30

タイ人に超有名な怪談「メー・ナーク」のお寺ワット・マハーブット!

宿近くでできること
007

バンコクを訪れる観光客がほぼ間違いなく訪れる代表的な観光地としてワット・プラケオ、ワット・アルン、ワット・ポーの3つのお寺が挙げられるでしょう。この3つのバンコクを代表するお寺に知名度では負けない有名なお寺が何とすいかハウスのあるオンヌットにあるのです!

そのお寺をご案内する前にまずはタイの超有名な怪談「メー・ナーク」を知ってもらう必要があります。何度も映画がリメイクされているお話でタイでは知らない人はいない、と言っても過言ではないほど有名な話です。

タイの超有名な怪談「メー・ナーク」とは

舞台はチャクリー王朝初期の時代。ナークさんは旦那とプラカノン運河沿いで貧しいながらもラブラブに暮らしていましたが、ある日妊婦の彼女を残して旦那は徴兵されます。そして、ナークと子供は難産の末に両方亡くなってしまいますが、愛が大きすぎて、彼女と子供は幽霊となって旦那の帰りを待ちます。そしていよいよ旦那が徴兵から帰って来ます。旦那も可愛い子供と妻に会えて大喜びでまたラブラブな生活に戻ります。が、事実を知っている村人はガクブルです。でも言ったらナークに呪い殺されるんで言えません。そうこうしているうちに、ナークが幽霊だと知った旦那は驚いて寺に逃げ込み、高名なお坊さんに助けてもらいます。 怒り狂ったナークは悪霊化してこの寺に来て大暴れしますが、結局この坊さんに封じられて、以後この寺に祀られています。

(以下友人HYがタイ人の彼氏と実際そのお寺を訪れたときのやりとり)

HY「ってか、旦那ひどいじゃん。今までラブラブだったのに逃げる事ないじゃん(・ω・)ノそりゃーナークちゃんも怒るよ!」って言いながら境内を歩いていたら

タイ彼「(◎_◎;) シーッ黙って。」

HY「は?だって旦那がひど、、」

タイ彼「(◎_◎;) シーッ!。。。」

ナークの呪いが怖くて本気でビビるダーリンw

タイ人を怖がらせるにはピー(幽霊)がもってこいです。

(以上友人HYの記事からの抜粋でした)

お寺を訪れる前にこの映画で予行演習!

●ナンナーク 1999年

125854379834116132119

『タイタニック』を抜いてタイでNo.1の興行成績!!!

そしてもう一つ。。この話をコメディ化。笑って泣けるラブストーリー仕立て。

●ピーマーク・プラカノン 2013年 邦題「愛しのゴースト」

peemak05

itoshinoghost

このタイの超有名な怪談「メー・ナーク」のナークさんを祀ってあるお寺がオンヌット、プラカノン運河沿いにあるワット・マハーブット(WAT MAHABUT)です。

 ワット・マハーブットへの行き方

005 (2)

最寄駅はBTSオンヌット駅です。スクンビット77(オンヌット通り)を歩きソイ7を左です。駅からお寺まで歩いて20分くらいでしょうか。

001

ソイ7にこの看板出ています。ここを左に曲がると奥にワット・マハーブットが見えます。

002

ちなみにプラカノン運河ボートでもお寺まで行けます。

往復110円!プラカノン運河ボートクルーズはいかが?

ワット・マハーブットはこんなところ

003

004

007

ナークさん、いました。肖像画がちょっと怖いです。

010

015

木を撫でると宝くじの当たり番号がひらめくそうです。撫ですぎてツルツルになってます。どんだけ擦ってるのでしょうか。ちなみに近くでくじ売ってます(笑)

017

来世より良い人生を送るためにタンブン(功徳を積む)用の生き物も1匹10バーツから売られています。放す種類によって効果が違います。

メニューはこちら!

025

小鳥は1羽50バーツ。

029

すぐ裏のプラカノン運河で放します。

022

来世はお金持ちの人生をお願い。。。

019

すいかハウスから歩いて10分ほどでメークさんに会いに行けます。ちょっとした空き時間を使って話のネタに是非どうぞ!