2015/08/03

タイのセブンで東京ばな奈発見!日本の本物と食べ比べたその結果!

たべもの
017

日本から持ち込むお菓子のお土産は抹茶味買っておけばとりあえず大丈夫!といった大抹茶ブームも少し沈静化の兆しを見せ、一時みんなが日本から箱で持って帰ってきたキットカット抹茶味にすっかり飽きを覚えているタイ人は次の新しい日本の味を探している感がある今日この頃。。

mattcha

さてタイへ持ち込む代表的なお土産の一つ、「東京ばな奈見ぃつけたっ」。東京とつけた名前がお土産っぽさを煽り老若男女世界を超えて嫌いな人はいないんじゃないか、のバナナ味。

こちらタイでも未だ根強い人気を誇る有名菓子の一つです。日本を出る直前に空港で思わず衝動買いした人も多いのではないでしょうか。

先日友人からその「東京ばな奈見ぃつけたっ(本物)」をお土産にいただきました。

あ、そういえば最近バンコクのセブンイレブンでニセ?東京ばな奈を売ってることを思い出しました。嫁の報告によると売り出した当初は棚に並ぶとあっという間に売りきれなかなか手に入らなかったそうです。

最近はいつでも手軽に買えるようになっています。

028

さて今回ありがたく本物が手に入ったということで、本家の「東京ばな奈見ぃつけたっ」とタイの「ルーペンバナナ(表記通り)」を本気で比べてみました。

 見た目

まず外装表面。日本が大人っぽいデザインに対し、タイは万人受けしそうなかわいらしいデザインです。大きさもほぼ同じです。

012

外装裏面。お菓子受けのプラスチック皿もよく似ています。

013

賞味期限。日本は不明ですが贈答用お菓子だけにそれなりに持つようになってると思われますがタイのは3日間のようです。

016

袋から出してみました。スポンジはちょっとだけ日本の方(左)がきめが細かいような気がします。

020

断層面。スポンジ生地はタイバナナ(右)のほうがちょっと厚めであんこはほんのちょっと少なめ。見た目は同じ。

022

価格

日本は1個120円ほど タイは約43円(12バーツ)

食べ比べ!

さ、食してみましょう。今回はくまもんさんに食べてもらいました。目隠し+どちらかわからないように手渡ししてもらい先入観なしの本気で味わいました。

026

で、その結果は!

味ほぼ完璧に同じ!食感全く同じ。違いは鼻孔の奥でかすかに感じる香料がタイバナナの方がちょっと強いかな、と。

タイによくあるなんちゃってコピー商品と同じで正直その出来をなめていましたがこれはほぼ完璧なコピーです。びっくりしました。何度か食べ比べるとどっちが本物か分からなくなるレベルですね。

先日小耳にはさんだ話だと、タイふわふわバナナは東京ばな奈の技術指導を受けてたとか。。これだけ完璧なコピーだとその話も本当のような気がします。

というわけで、今後東京ばな奈をタイに持ってきて、従業員にしたり顔で配ろうと企んでいる駐在の皆さんはご一考の余地があるかもしれません。また日本に帰る際のタイお土産としてネタにひとついかがでしょうか。