2018/04/18

【タイの水掛け祭り!】ソンクラーン【2018】

タイ・イベント
songkran_ec

さあ。

さあさあ。

さあさあさあ!!

ソンクラーンです!!

タイで最も有名なクレイジー祭りソンクラーンです!!

songkran_silom07

ソンクラーンってなに?という方のためにとりあえず説明を。

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。

Wikipediaより出典

ということで数年前にイッテQでも紹介された

タイの水掛け祭りを全力で楽しんできました!

ソンクラーンは4月13日から15日までの3日間。

タイのお正月なので多くのお店がお休みになります。

そしてその間いたるところで水掛け祭りが行われています。

このお祭りでいちばん大切なのは

怒らないこと。

これに限ります。

恐らく1年で最も無礼講な一日。

お客さんと共に出陣したカオサン通りを中心に

今年のソンクラーンをレポートします!

結構長文ですがお付き合いください!

13日(初日)

まず必要なのは

  • 水鉄砲
  • 防水バッグ
  • アロハ(なぜかソンクラーンでは定番)

ということで女性陣アロハの買い出しです。

songkran_suica02

すいかハウスの近所でも大量のアロハを売ってます。

かわいいデザインもたくさんあるので選ぶのに苦労しますね〜。

準備ができたら出陣です!

初日は12時に出発!

songkran_silom03

去年もやりましたが定番のこれ。

songkran_silom02

思った以上に水鉄砲の威力が強くて

僕のiPhone6(もちろん防水ではない)がびしゃびしゃです。

初日僕は参加できなかったので

お客さんからいただいた写真でレポートします!

まずはシーロム通り。

BTSオンヌット駅からサラデーン駅へ移動してさあ戦闘開始!

songkran_silom05

songkran_silom04

songkran_silom09

こんなちっちゃい子も張り切って参加してます。

songkran_silom06

かわいい…

数少ないティーンエイジャー戦士りんたろう!

songkran_silom10

まるでターミネーター。

ちなみに持っている水鉄砲は

普通に売っている水鉄砲が威力1500に対して威力8000。

強烈です。

songkran_silom08

songkran_silom11

去年は男子のハッピ赤ふんふたりぐみがいましたが

今回は女子のハッピ赤ふんふたりぐみが参戦です!

シーロム通りを堪能したあとは

またまたBTSにて移動してBTSサイアム駅へ!

こちらでは大きなイベントが行われているようです。

songkran_siam01

songkran_siam02

そしてこちらにも小さな戦士。

songkran_siam04

songkran_siam03

かわいい…(2回目)

そして一時帰宅。

戦士たちの休息です。

songkran_suica01

みんないい顔です。

さあ初日はまだ終わりません。

夜はバンコク随一のクラブ街RCA(ロイヤルシティーアベニュー)へ!

こちらは人が多すぎで写真がほとんどありません…

songkran_rca01

今回行ったのはROUTE66。

すいかハウスを出発したのが21時半。

野良のタクシーが捕まらず(RCA行きを伝えると断られます)

GRABにてタクシーを呼んでRCAに到着したのが22時半頃。

入り口で年齢確認、入場料(500バーツ)の支払いを済ませると

その先でスミノフ1本とハンバーガー1つ貰えます。

まぁこのハンバーガーのしんどいこと!

お腹いっぱいだし人が多すぎて食べるスペースがない…

普段ROUTE66は屋内に

ライブステージ、EDMステージ、メインステージ

と3つのステージがありますが

ソンクラーンということでROUTE66の正面の道すべてが

特設ステージになってます。

そこはもう見渡す限りの人ひとヒト…

そこらじゅうから飛び交う水みずミズたまに冷水…

僕たちが到着した頃には屋外のテーブルはいっぱいだったので

落ち着ける場所を探してウロウロウロウロ…

たまに見知らぬ人のテーブルに入れてもらってまたウロウロウロウロ…

お酒を買うにも販売所までなかなか辿り着けない!

あのワイワイ感も楽しいですが

僕は結構しんどかったです。

おすすめはもっと早い時間に行って屋外のテーブルを確保すること。

そうすればもっと踊って飲んで騒いでが出来る気がします。

14日(2日目)

2日目は僕も参加してカオサン通りへ!

songkran_khaosan14

ローカルバス体験も兼ねてバスでカオサン通りへ向かいました。

オンヌットからカオサン通りまでのバスは

  • 2番(エアコン無し)
  • 511番(エアコン有り)

のふたつ。(他にもあったら教えてください!)

今回はもちろん窓全開の2番のバスでカオサン通りへ!

バス停に向かう間に襲撃にあったり

songkran_khaosan13

バス待ちの間にもバスから水をかけられまくります。

songkran_khaosan19 もちろんそういう輩には対抗します。水鉄砲で。

バスの隣をこんなファンキーなタクシーが走っていたり

songkran_khaosan12

外からバケツで冷水をぶっかけられること数回。

songkran_khaosan15

もちろんそういう輩には対抗します。水鉄砲で。

ただエアコンの付いていないバスのなので

外からの冷水が結構気持ちよかったりもします。

渋滞に巻き込まれながらも1時間半かけてカオサン通りへ到着!

songkran_khaosan10

入場するのにゲートをくぐらなければいけないので大渋滞。

その間も水をかけられ続けます。

人が多すぎてはぐれるのは当たり前。

songkran_khaosan09

これはまだカオサン通りに入る前ですがすでに何人かはぐれてます。

そしてカオサン通りに突入すると

まさにカオス!!

songkran_khaosan05

songkran_khaosan02

たくさんの国の人々があっちゃこっちゃから水鉄砲でバケツで

ありとあらゆる手段で水を掛けあってます。

いやー、楽しい!

これがソンクラーンかと実感させてくれました。

カオサン通りを1往復したらお店に入って乾杯!

songkran_khaosan16

頼んだビールは15リットルのタワービール!

インパクト大です。

このお店で別グループのハッピふたりぐみに会ったり

songkran_khaosan17

日本人とは思えない勢いで踊るクレイジーガールに会ったり

songkran_khaosan06

人と人の間に壁のない素敵な時間を過ごさせてもらいました。

暗くなるまでビールを飲んで

たまに外へ水掛けに行って

(女性陣の中でイケメンを狙って振り向かせる遊びが流行っていたようです)

暗くなってすいかハウス史上屈指のイケメンが酔いつぶれたところで帰宅!

帰りの道中でもはぐれにはぐれて

僕たちはトゥクトゥクで帰宅です。

songkran_khaosan03

普段はカオサン通りの近くにいるトゥクトゥクは絶対に利用しませんが

(質の悪いトゥクトゥクドライバーが多いです。要注意!)

今回は風に吹かれながら帰るのもすごく気持ちが良かったです。

帰ってきたのは21時頃。

あんなに楽しかったのにまだこんな時間!

というなんとも言えない嬉しさに包まれました。

ソンクラーンのカオサン通りに行った僕の感想は一言。

また来年も来よう。

でした。

※スリに注意!!

お客さんがひとりスリに遭いました。

スリといってもポケットからお金を抜くとかではなく

バッグをナイフで切り裂いてお金を抜くタイプのスリです。

songkran_khaosan20

被害者の方は人の波に揉まれているうちにバッグが後ろにいってしまい

気付いたら器用に財布だけ抜かれていたそうです。

防水バッグで透明だったため狙われたのかもしれません。

人混みの中へ行くときは極力荷物を少なく

かつ荷物は体の前から離さないことを推奨します。

15日(3日目)

ソンクラーン最終日は2日間の疲れもあって参加者少数。

songkran_3day01

素敵なおじ様たちに囲まれて逆ハーレム状態です。

シーロムへ水掛けに行ったあと

夜はナイトマーケットへお買い物に行ったり

カオサン通りに繰り出して朝4時に帰ってきたり(元気すぎる!!)と

みんな全力でソンクラーンを楽しんだようです。

タイで最も有名なクレイジー祭りソンクラーン。

人種年齢性別を超えて楽しめる

本当に素敵なお祭りです。

お客さんは口をそろえて言っていました。

「ひとりより皆で行ったほうが絶対楽しい!!」

今から来年のソンクラーンが楽しみで仕方ありません。