2015/04/27

紀伊國屋書店、バンコクに新店舗。日本との価格差はどのくらい?

バンコク生活
027

今日本で流行っている本をすぐに読んでみたい。これから旅行で訪れる旅先のガイドブックを手に入れたい。そんな時、タイ・バンコクで日本の本といえば紀伊國屋書店。他に小規模書店もいくつかあるもののやはり紀伊國屋の品揃えには敵わず。

先日オープンしたプロンポンの大規模高級ショッピングモール、エムクォーティエ(EMPORIUM EMQUARTIER)の3階に紀伊國屋書店が入りました。今まで使ってきた伊勢丹6階のお店はBTSチットロム駅からかなり歩くのが難でしたが、ここはBTSプロンポン駅直結で大変便利です。すいかハウスのあるオンヌット駅からも7分で到着です。

006 (2)

かなり広い店内に日本書籍の品揃えは素晴らしくほぼ日本の書店と比べても遜色ないと言えるでしょう。ちなみに訪れたときには旅行者がお世話になる「地球の歩き方」はほぼ全巻揃っていました。

027

004

でもやっぱり高いんじゃ。。

そこで日本での定価と比べてどれくらいの値段設定なのかちょっと見てみました。

●地球の歩き方タイ
thai
日本定価1700円
タイ紀伊國屋661バーツ(約2450円/1バーツ3.7円換算)
価格差・約1.44倍

●ワンピース第77巻
onepiece77
日本定価400円
タイ紀伊國屋156バーツ(約580円)
価格差・約1.45倍

上記2点は約1.45倍の価格差ですが、他の本も調べてみるとだいたい1.3倍~1.45倍でした。読みたい本を海外で手に入れる値段としては買ってもいいかなという価格設定です。世界を旅する旅行者は訪れる国のガイドブックを全て持ち歩くわけにもいかないでしょうから旅の途中でガイドブック等を購入される方はバンコクで購入する手段はありだと思います。

最近はデジタルで本を持つ方も増えてきたようですね。地球の歩き方は本当重くて複数あるとかなりの荷物です。しかしながらガイドブックの場合、私は断然紙派です。デジタルは見たいページを探すのに一苦労だし、何より汽車の車窓からの景色を眺めながらのナガラ読みに向いてないですね。雰囲気でません。。

003
タイ語学習用の本も揃ってます。日本の書店では探すのに一苦労です。

紀伊國屋書店エムクオーティエ店は落ち着いた店舗の雰囲気とエアコンで程よく冷えた店内は立ち読みで時間を費やすのにもなかなかお奨めの書店です。1階下にはユニクロも入ってますよ。